基本からしっかりLOL攻略

League of Legendsの解説ブログ。ステップアップ、脱初心者を応援します。

【LOL用語解説】カウンターピック(counterpicks)

カウンターピックの意味

カウンターピックとは、敵が使用するチャンピオンに対し、大きな有利がとれるチャンピオンをピックすることです。

 

League of Legendsは、競技シーンとランクマッチ(SoloQ)ではルールは違いますが、それぞれバンピック(BAN&PICK)があります。

難しいけど、LOLを楽しくしている部分です。

LOLのバンピックでは、使用するチャンピオンを、敵と交互に取り合っていきます。

後からピックするレーンは、勝てるピックを取るのがセオリーになります。

その際、重要になるのがカウンターピックです。

 

カウンターピックとなる要因は様々あり、AAやスキルの射程スキルの相性などです。カウンターピックの理由をしっかり理解して、対面に有利を作って他のレーンに波及していくことが後ピック出来たレーナーに課せられた使命です。

 

例)MIDのルブラン(LeBlank)のハードカウンターはガリオ(Galio)

ガリオのW「デュランドの守り」は、魔法DMのシールドが付いていて、メイジアサシンでバーストダメージ型のルブランとの相性最悪です。

更に、ガリオはQ「戦の旋風」、E「正義の鉄拳」、パッシブ「巨像の一撃」とAOEダメージが豊富でミニオンプッシュ力が高い。更にR「英雄降臨」で遠距離の味方を援護できます。ルブランはワンコンでキルを集めていくチャンピオンなので、対面がキル出来ないガリオのような相手の場合、ロームして他レーンへガンクしてキルを集める必要があります。しかし、ガリオのプッシュ力でロームタイミングを作るのが難しいです。タイミングを作ってガンクしても、ガリオのグローバルプレッシャーで防がれるリスクがありハードカウンターピックになります。