基本からしっかりLOL攻略

League of Legendsの解説ブログ。ステップアップ、脱初心者を応援します。

LOL用語「圧迫」

ジャングラーを圧迫する

ジャングル同士だとマッチアップの有利不利はレーナーほど大きくないです。
ただ、一部チャンピオンは、低レベルのジャングル回るのに体力を大きく使うチャンピオンがいます。

そういう相手の場合は、敵ジャングルに入っていってキルを狙う戦術をとることがあります。
これを圧迫ジャングルと言います。

ジャングルから追い出すとも言います。
「体をぶつけに行く」と言ったり、
単に「相手ジャングルに入っていく」と言ったりもします。

圧迫ジャングルのリスク

当然ですが、相手側に入っていくので味方が先に寄れる必要があります。レーンイーブンの状態だと、敵側のジャングルなので絶対に敵が先に来てしまいます。
1対1で有利だからと言ってレーン状況を確認しないで、敵ジャングルに入っていくと簡単に倒されてしまいます。

TOPレーン/MIDレーンを圧迫する

レーン戦で一方的に有利が取れるマッチアップで、ジャングラーのフォローをもらって、対面をボコボコにすることです。タワー下でファームすることも許さずタワーダイブしてキルを取ったり、リコールさせたりすることです。

トップレーンのメレーvsレンジのマッチアップや、
メイジサポートvsタンクサポートのように一方的にハラスできるマッチアップです。
例1)BOTで エズリアル+カルマ 対 サミーラ・レル
例2)TOPで スモルダー 対 サイオン

圧迫というのは、最近使われるようになった言葉です。
以前は プレッシャー をかけるということが多かったです。
レーンの場合は、「タワー下でハラスする」とも言います。

最終的には、タワーダイブしてキルするか、タワー下からも追い出して、CSだけでなく経験値ロスさせることで、大きな有利が作れます。

リスクは、カウンターガンクと逆サイドのアクションです。
ジャングラーが見えている時間が長いので、他レーンではプレッシャーがかかります。

 

関連記事
 ・LOL用語一覧
 ・LOL用語「キャンプと縦割り」解説
 ・LOL用語「カウンターガンク」解説

【LOL用語解説】XP(サモナー経験値)

XPとは、サモナーレベルを上げるための経験値です。

XPの入手方法は、

・ノーマル戦/ランクマッチ/ARAM、勝っても負けても手に入りますが。勝利したほうが多くもらえます。

・デイリーミッション、なるべく毎日ログインし、少しずつXPを手に入れましょう。

 

XPブースト

  • 勝利ボーナスを上げるブースト
  • 30日間ブースト

更新履歴:
 2024/03/08 Primeカプセルが無くなったので明記
 2021/11/27 初投稿

Amazon Prime/Prime Gaming と Riotの連携が2024/3/15に終わります
詳しくはこちらの投稿を読んでください
・ニュース「【NEWS】Riot Games と Amazon Primeの連携終了

今はXBOX Game Passで経験値ブースト+全チャンピオンプレイができます。


PC Game Pass 公式サイト(Microsoft/XBOX)

チャンピオンがそろう前のLOL初心者はこの方法でXP稼ぐのがおすすめです。

2024/3/8追記 ここから先は古い情報です。昔はこんなのがあったって記録です。

Twith Primeは様々な特典があります。7カ月目からは、XPブーストチケットがもらえるので活用しましょう。
AmazonPrimeについてはこちらでチェック

XPブースト以外のTwitchプライム特典はこちらをチェックしてください。
Prime Gaming会員特典 - リーグ・オブ・レジェンド

関連記事
 ・LOL用語一覧
 

【LOL用語解説】RPって何?RPのお得な購入方法

RPの意味

RP(アールピー)とは、リーグオブレジェンドで使えるゲーム内通貨の1つです。

RiotPoint(ライオットポイント)の頭文字をとった省略形です。

もう一つのゲーム内通貨「BE」については既に解説しているので、そっちを読んでください。
効率の良い使い方と貯め方も解説してます。

 ⇒ LOL用語解説 BE (ブルーエッセンス)

更新履歴:
 2024/3/8 Prime GamingとLOLの連携が無くなったことを明記 >変更箇所
 2022/11/22 初投稿

Riotポイントは、BEと違い無課金では手に入れられない、課金で手に入れるゲーム内通貨です。
支払い方法は、クレジットカード、携帯決済、プリカ(オンラインマネー)、PayPalが使えます。

f:id:lolsyoshinsya:20211122141932p:plain

 

注意:2024/3/15でAmazon Prime GamingとLeague of Legendsの連携が無くなります。なので、アマプラ会員がもらえていたプライムカプセルはなくなります。
詳しくは、こちらの記事を読んでください。
ニュース「【NEWS】Riot Games と Amazon Primeの連携終了」

Twitch Prime でRPがもらえる
アマプラに加入して、Twitch Primeに連携し、6カ月が経過すると7カ月目からもらえる報酬が超絶グレードアップします。

  • 650RP
  • 未所持のスキン(1350RP)
  • オレンジエッセンスx200
  • チャンピオンのかけら
  • シリーズ1 エターナルのかけらx2
  • 30日間XPブーストチケット

超豪華です。今から入っておくのをお勧めします。
AmazonPrimeの詳しい情報は公式HP
を読んでみてください。


参考文献:Prime Gaming会員特典(League of Legendsの公式HP)

RPのお得な購入方法

BEの記事で解説しましたが、Amazon Prime (Twitch Prime) が非常にお得です。

Amazonユーザーなら、アマゾンマスターカードがすごくお得な特典が多いので、1枚持っておくことをお勧めします。

アマゾンマスターカードの特典を見る

 

Amazonカードで、課金するだけでもかなりポイント還元が多くお得に利用できますが、もう一工夫加えると、さらにお得にRPを購入できます。

 

①なるべく高額のRPを購入する

13,000円のRiotポイントを購入すると、15,000RPが追加されます。

650円のRPだと、650RPです。

まとめて購入する方が、オマケRPが多く付くので、まとめて買っちゃうのがお得です。

お薦めはもちろん13000円です。長く遊べるので、どうせ後から課金することになります。

無理のない範囲で課金してください。

 

②プリペイドカードを上手に使う

プリペイドカードって名称が分かり難いです、実はこれオンライン通貨(ポイントサービスサイト)のことです。

WebMoney、NET CASH、BitCashが使えます。

f:id:lolsyoshinsya:20211122144530p:plain

コンビニや家電量販店でお得に買えるときにまとめ買いしておくとかなりお得です。

AmazonクレカでWebMoneyを買うだけでもかなり得です。

一手間かかりますが、プリカの課金は積極的に使ったほうがRP的に凄く得です。

 

 

 

無課金LOLでのチャンピオン開放

League of Legendsを無課金でやっていくと、どれくらいのペースで、何体くらいのチャンピオンを解放できるか。XPとサモナーレベルのシステムと報酬から詳しく解説します。

無課金でのチャンピオン開放の仕組み

今、無課金でチャンピオン開放する方法は3種類あります。

・デイリープレイ報酬
・チャンピオンのかけら
・BE(ブルーエッセンス)で開放

課金する場合

課金するとゲーム内通貨「RP」が加算されて使えるようになります。それを使ってチャンピオン購入して解放ができます。
同じようなリーグオブ初心者の友人がいれば、ミステリーギフトで未所持チャンピオンを贈り合うことで、かなり安くチャンピオンを解放できます。
RPでのチャンピオン購入は、セールが合ったり、初心者用の安いセットもあります。

デイリープレイ報酬

1日目 マークスマンチャンピオン選択+へクステックチェスト
トリスターナ/ケイトリン/エズリアルから選択
へクステックチェストからは、
ランダムで スキンのかけら/チャンピオンのカケラ/エモート/ワードスキン+オレンジエッセンス/アイコン+オレンジエッセンス

2日目 ファイター・ブルーザー+キーのカケラ
イラオイ/リヴェン/ガレンから選択

3日目 メイジ選択+3日分のXPブースト+へクステックチェスト
セラフィーン/モルガナ/ジグスから選択

4日目 サポート選択+へクステックチェスト
ソナ/スレッシュ/ナミから選択

5日目 アサシン選択+へクステックチェスト
エコー/フィズ/タロン

6日目 6300BE

7日目 スキンのかけら+オレンジエッセンス

XPブーストが3日目にもらえるので、これを有効に使っサモナーレベルを上げて、BEを稼ぎたい。稼いだBEを使ってメインチャンピオンを獲りたい

ブルーエッセンスでのチャンピオン開放

初心者が始めて1か月2か月はこの方法がメインのチャンピオン開放です。
レベル30まではサモナーレベルが上がると ブルーエッセンス (BE) がもらえます。

LV31以降は、チャンピオンのかけらがもらえます。チャンピオンのかけらはBEに分解できます。

チャンピオン開放に必要なブルーエッセンスはチャンピオンごとに設定されています
450/1350/3150/4444/4800/6300/7800
実装が古いチャンピオンほど安く、新しいチャンピオンは 6300 7800です。
ボリューム層は、

チャンピオンのかけら

チャンピオンのかけら1つで、ブルーエッセンスでチャンピオン交換する場合4割引き、6割の BE で交換できます。

無課金での弊害

LV30までのもらえるBEは、33,680です。3万って数字だけ見ると大きそうですが、チャンピオン開放には、450/1350/3150/4444/4800/6300/7800のBEが必要です。450や1350の安いチャンピオンなら沢山解放できます。

無課金でのチャンピオン開放は、安さ重視で選んでは駄目です。やりたいレーンを2つ選んで、そこからチャンピオンを絞りこむ必要があります。

そうすると古いチャンピオンは1体か2体。結果、ブルーエッセンスで開放できるのは5~8体くらいです。160体以上から厳選する必要があります。

しかも、LOLは解放してないチャンピオンは、プラクティスでも使えません。
解放してからしか触れません。
この盲目でのチャンピオン開放が、無課金での一番のデメリットです。
一応、週替わりでフリーチャンピオンがあります。

サモナーレベル上げ

LV30まではブルーエッセンスがもらえ、それ以降のレベルでチャンピオンのかけら(実質 BEと同じ)がもらえます。
つまり、XPを稼いで、サモナーレベルを上げる必要があります。

LV30までですが、レベルアップに必要なXPです。

1    144
2    144
3    192
4    240
5    336
6    432
7    528
8    624
9    720
10    816
11    912
12    984
13    1056
14    1128
15    1344
16    1440
17    1536
18    1680
19    1824
20    1968
21    2112
22    2208
23    2304
24    2304
25    2496
26    2496
27    2592
28    2688
29    2688
30    2688

こんな感じで、LVが上がるにつれて、必要なXPも増えていきます。

XPは、AI戦でももらえますが、レベルが上がるともらえる量が減るため、ノーマルマッチかランクマで上げる必要があります。
XPは試合時間が長いほどもらえる量がおおいのです。そして、勝った方が多くもらえます。40分ゲームだと 勝:270、負:220です。30レベルでも10試合以上必用です。

ざっくりですが、3000時間プレイすると、100体くらいチャンピオンが解放できます。

1年で400試合くらいが限界だと思います。他のゲームだと1年で2000時間とかできますが、LOLはそんなに沢山出来ません。せいぜい500時間くらいです。

つまり、4年5年かけても2/3くらいのチャンピオンしか使えないのです。

使ったこのと無いチャンピオンをアンロック

無課金でのチャンピオン開放は、序盤は数体を使い勝手がわからないまま選ぶ必要があり、何年やっても半分くらいしか使えないことになります。
なので、完全無課金は正直お勧めしません。

おすすめのチャンピオン開放方法

なるべく課金額を抑える方法です。

XBOX Game Pass

XBOX Game Pass はMicrosoft XBOXで使えるサブスクです。パソコン版もあって、それにLOLも連携しています。XBOX Game Passに加入している間は、全チャンピオン使えます。


Microsoft公式サイトで PC版 XBOX Game Pass をチェックする


更にXPブーストももらえるのでレベルアップも早くなり、かなり早く欲しいチャンピオンが解放できます。

イベントパスを購入する

数か月ごとに発売されるイベントパス。イベントパスを買っていると、試合するにつれてチャンピオンのかけらがもらえます。しかもパスは1周終わっても、2周目3週目とずっとチャンピオンがもらえるので、すさまじい量のBEが溜まります。

なので、欲しいチャンピオンがそろうまでは、イベントパスを買うのがいいです。レベルアップだけだと全然そろいません。

サブアカウントは無課金におすすめか?

サブアカウントは最初は有効です。リーグ・オブ・レジェンドではサブアカウントの作成は許可されています。
誰もが考えることですが、サブ垢作れば課金いらなくない?
という疑問について解説します。

たしかに、LV30くらいまでは無課金でも簡単にレベル上げができます。
上述したように30レベルで開放できるチャンピオンは、デイリーボーナスを除くと5体~10体です。
デイリーボーナスでアンロックできるチャンピオンは固定の3択なので数にカウントしない。

XPとサモナーレベルの仕組みで、LVが上がるにつれて、
次のレベルアップに必要なXPもどんどん増えていきます。
LOLのチャンピオンは現時点で160体以上います。
なにが言いたいかというと、全チャンピオン遊べるように無課金アカウントを作ると20個くらいになっちゃいます。

アカウントをたくさん作ってもプレイ時間が分散し、LV30を超えたあたりから全然レベルが上がらなくなります。
LOLで新アカウントを作って、AI戦を何戦もやるのはかなり負担のかかる行動です。
嘘だと思う人は3アカウントぐらいやってみてください。
サブアカウントをたくさん作って全チャンピオン遊ぶのは、非現実的なのが分かるはずです。

関連記事
 ・LOL用語解説「XP」
 ・LOL用語解説「RP」

 

【LoL初心者】チャンピオン持ってなくて困った

LoL配信者の影響で、フレックスランクが人気です。フレックスランクとは、友達と5人一緒にパーティーを組んで出来るランクです。他ゲーで言うプリメイド や フルパってやつです。

LoLやりたいけどチャンピオン数が少なくて困ってる人へアドバイス 

更新履歴:
 2024/03/07 Prime Gaming/Amazon Prime を削除
 2024/02/06 「アマプラの学割」 を追加
 2023/08/12 初投稿

チャンピオンを持ってない初心者も今のシステムは安心

通常のランクマッチでも、フレックスランクでも、初心者は使えるチャンピオンに制限があります。

歴の長いユーザーは、気軽に「○○とって」とか言います。
初心者「それ持ってないです(冷や汗)」アタフタ

LoL配信者のフレックスでも、
初心者相手に気軽にこういうことをいう人がいます。
そういうシーンを何度も見かけたので、
初心者が ランク や フレックス に行くのを躊躇しないか心配で記事にしました。

あれは言う側が悪いです。
今は、ランクでもフレックスでも ピック順を交代できます
2023年に導入されたばかりなので、
10年以上やってる人はこの機能を使いこなせてません。

ピックしてって言うのは老害です。
不便な仕様だった頃の名残です。

相手にとられる前にピックしたかったら、
そのレーンの人が、上に上がってとればいいのです。

だから、初心者は
自分ができるチャンピオン・自分が使いたいチャンピオンだけ持ってればいいです。

今のLeague of Legendsは、
チャンピオン開放が以前ほどは重要ではありません。
別に全部のチャンピオン持って無くてもいいです。
自分のチャンピオンだけ持ってればいいです。

とはいえ、太ったLoL配信者のように、そういう初心者にパワハラをするプレイヤーも多いのも事実です。
なので、自己防衛のために、チャンピオン開放したいって人へアドバイス

全チャンピオン解放される神サービス「XBOX Game Pass for PC」

XBOXゲームパスの特典 (League of Legends)

・全チャンピオン使用可能
・20% XPブースト
全チャンピオンが使えるので、特に初心者にオススメです。
・自分で使用するチャンピオンを決めるために使う
・敵チャンピオンを調べるために使う
リーグ・オブ・レジェンドってゲームは、
チャンピオンを持ってないとプラクティスモードですら使用できないです。
お試ししようにも持ってないとどうにもならないです。
なので、始めたばかりの人は XBOX Game Pass for PC は必須クラスです。
これは去年できたサービスですが、それまでの不便さが信じられないレベルの神プランです。

経験値ブーストがあるので、
レベルアップが早く、チャンピオン開放も早まる

XBOX公式サイトで Game Pass For PCを見る

XBOXゲームパスのデメリット

これのデメリットは、値段です。
・14日間 100円 試用価格
お試し期間が終わると、
・1カ月 850円

月850円は、ぼったくりって程ではありませんが、安くは有りません。

LoLのチャンピオン開放が主目的で加入し続けるには割高です。
これは、XBOX Game Pass for PC には、LoL以外にも多くのサービス・ゲーム が含まれるからです。

特に、Electric Arts(EA社)と連携が強いです。
そこで販売されているゲームを、XBOXゲームパス加入中は無料で遊び放題になります。

有名なものだと、
 ・Battlefield 2042(ほかの過去作も)
 ・FIFA 23、FIFA22
 ・STAR WARS バトルフロント
73タイトルの現行ゲーム+限定公開の試用ゲームが遊べます。
ここにない EAのゲームも10%割引で買えます。

EAだけでなく RIOTだと、
Valorantも全エージェントも解放されます。

こういう様々なゲームが遊べるので 850円は安いですが、LoLだけ考えると高いです。

LoLチャンピオン開放が目的なら、3カ月くらい加入して、その間に気になるチャンピオンを多く遊んでください。

スキンが使えない

エックスボックスゲームパスで遊べるチャンピオン&未所持の場合、
所持していないチャンピオンのスキンやクロマは購入できません。
購入する際には、チャンピオンを RP か BE での解放が必要になります。

ランクで使えるの?

この機能のリリース当初はランクマッチで使用できませんでしたが、
今は ランクマッチでもXBOX Game Pass加入していれば、全チャンピオン使用可能です。

Prime Gaming (Amazon Prime)

プライムゲーミングの特典

アマプラ加入者に提供される Prime Gamingですが、今まではこれで RPやチャンピオンカケラがもらえる Prime Gamingカプセルがありました。
3/15を最後にこのサービスが終わります。
なので、アマプラでの チャンピオン開放ブーストは 出来ません

これから下は古い内容です。

League of Legendsに関するものだけです。
 ・350RP
 ・200オレンジエッセンス
 ・ミステリースキン(エピック)
 ・ミステリーワードスキン
 ・チャンピオンシャード
 ・エターナルのかけら 2個
 ・チャンピオンのかけら 4個
 ・経験値ブースト
 ・限定エモート

Prime Gamingは、アマゾンプライムの特典の1つです。
なので、Amazon Prime会員はすでにつかえます。

価格は 月額600円。2023年8月までは500円でしたが少し値上げ。それでも他の国より超激安です。
 Amazonでプライムの新価格をチェック

それでも月600円払うだけで、上の特典がもらえるのはスゴイです。
650RP=525円です。
RPはゲーム内通貨ですが、
通常課金するくらいなら、Amazonプライムに入った方が遥かに得なのが分かってもらえるでしょう。

アマプラには学割がある

学生の人は 6か月間無料 でアマプラが利用できます。
学生の照明が以下の3つの方法どれかでやる必要があります。
学生番号/学校のメアド/在学証明書アップロード この3種類なのでそこまでむずかしくないです。
 Amazonでprime student (学割) の価格をチェック

プライムゲーミングのデメリット

恐ろしいことに、これでメリットがほぼ無いです。

月600円のアマゾンプライムは、月額サブスクでもコスパ・サービスとも最強。とくに、映画・アニメ

それに付属するサービスが「Prime Gaiming」なのに、LoLだけで元が取れるレベルのお得

アマプラとXBOXゲームパスどっちがお得か

LoLだけ考えれば、圧倒的に Prime Gaming (Amazon Prime) の方がお薦めです。
アマプラは ロル初心者~玄人まで、ずっと加入していても損しません。
チャンピオン取得も早まるので、全チャンピオン揃うまでは加入していると、
快適なLoLライフが遅れます。QOL上がります。

ただし、いきなりアマプラが良いかって言うとそうとも言えません。
LoL始めた直後・今まさに始めようとしている人には、
XBOX Game Pass for PCの方が有用です。

XBOXゲームパスは、
アマプラに無い 全チャンピオン開放 という神サービスです。
ただし、値段も若干高く、LoLに関しては、チャンプ解放以外は得られるものがありません。
これに加入していても、経験値ブーストだけで、チャンピオン開放するのは難しいです。

なので、おすすめは、
数か月 XBOX Game Pass for PCに加入して、
とにかく多くのチャンピオンを遊ぶ
その間に、自分が使う 主要なチャンピオンを解放していく
それが終わったら、XBOXゲームパスは解約し、
Amazon Primeに加入するのがコスパ最強です。

少しお小遣いに余裕があるなら、
最初から2つとも契約して、
途中でXBOXだけ解約するのが良いでしょう。
アマプラ入ってると、チャンピオン取得が早まるので、
主要キャラそろえるのも直ぐです。
それだXBOXゲームパス解約が早く出来るので、実は最初から2つとも入っちゃう方が安く上がるかも。

チケットパスを購入すると更に早くなる

経験値獲得して、サモナーレベルを上げる。
それでもらえるブルーエッセンスだけでチャンピオン開放するには、
ものすごく時間がかかります。
全チャンピオン開放するのに、2年~3年かかります。

定期的に販売されるチケットは、
チャンピオン揃えるのにも有効なので、購入したほうがいいです。

PASSでもらえる特典のメインは限定のスキンやエモートですが、
限定アイテム以外にも通常のBE や チャンピオンのかけらなどももらえるので、
ただ 1650RPと結構高いので、Prime Gaming・XBOXゲームパス加入して、さらにブーストしてチャンピオンを集めたい人向けです。

参考文献:Riot公式「ソウルファイター2023」

注意点

League of Legendsの物なのか、Teamfight Tacticsの物なのか見てから買う。

【NEWS】Riot Games と Amazon Primeの連携終了

Amazonがプライム会員向けに提供している Prime Gaming。League of Legendsも大きな恩恵を受けてきました。しかし、それも2024年3月で終了となります。

アマプラとLOL連携終了、Prime Gaming カプセルが無くなる


引用元「RiotGamesJapan公式X 2023/12/15」の投稿

情報ソース
Amazon Prime 公式ホームページ
Prime Gaming 公式ホームページ
League of Legends公式ホームページ

 

アマプラ、Prime Gamingの現状

Amazon Primeが 600円に値上げされて、カプセルももらえなくなると、離脱する会員も増えそうです。アマプラ公式 月額600円
Twitch視聴だけ考えると Twitch Turboなら11.99$で広告なしなので、正直 Twitch Primeよりお得です。
情報ソース「Twitch公式>Trubo解説
私はガジェットヲタクなので、Amazon Primeの恩恵を継続します。LOLプレイヤーはガジェットもPCも 安いもので十分って人が多いから、今回のプライムカプセルが無くなるのは影響が大きい。

最後の報酬引き換え(Prime Gamingカプセル交換期限)

期限:3/15
Amazon Prime加入者で、Prime Gamingカプセルの引き換えを行っていない方は期限が近いので必ず引き換えをしておきましょう。

特典内容

・650 RP
・未所持の 1350 RPのスキン(恒久)
・オレンジエッセンス x200
・チャンピオンかけら x5
・シリーズ1 エターナルのかけら x2
・30日間XPブースト

今は Amazon Primeが値上がりしましたが、
最初は500円だったので、500円で 3,000RP~5,000RPくらいの価値がありました。
普通に課金した場合 1円=1RP換算

時期によって内容が変わります。
今よりお得だった時もありました。

Prime Gaimng と League of Legends連携の歴史

Prime Gaming と Legue of Legends の連携は2021年から始まったという記事がありますが、間違いです。
League of Legends公式サイト内の「Prime Gaming」タグ付いた記事 の更新日を情報ソースにして適当に書いた記事だと思います。
その記事を見て残念な気持ちになったのでこの記事を書きました。

私の記憶だと、LOLとアマプラの連携はもっと古いです。
もともとはPrime Gamingという形ではなく、
Amazon Prime → Twitch Prime と アマプラ連携 → Twitch Prime と Legue of Legendsの連携
こんな感じでツイッチプライム会員向けのサービスでした。
2018年の年末くらいから始まったと記憶しています。

5年半近くありがとう

ちなみにLOL公式サイトの一番古い記事はこれです。

チャンピオン開放について

Amazon Prime の Prime Gaming は LOLでチャンピオンを増やすのに一番コスパがいい方法でした。
このチャンピオン開放方法が無くなるのは、これから始める人にとって可哀そうではあります。
ただ、今は当時なかったXBOX Game Passがあるので、これを上手く使っていけば、プライムカプセルと同じくらい安くチャンピオン開放ができます。
詳しい解説は下記記事を参照

lolsyoshinsya.hatenablog.com

 

 

【LOLミーム】喧嘩はやめてよ

「喧嘩はやめてよ」は 漫画家しろまんた先生のLOLプレイ時の名言です。今ではLOLミームにまで貼ってしたワード。ただ、最近のLeague of Legendsブームで、新しい人も増えて、よくわからない内輪ノリになっているので、ここにまとめておきます。

 

 

 

喧嘩はやめてよ の語源

「喧嘩がやめてよ」が生まれたのは、2023/3/30です。
もう少しで1年経つんですね。時間の流れが早い。

2023/4/1に行われた the k4senの練習中に事件は起こりました。

バロンをラッシュで刈り終えた後、

鈴木ノリアキがリコール中につかまってデスしたシーン

葛葉「ばかやろー」
AlphaAzr「どう考えても来てるやろがい、敵」
鈴木ノリアキ「直ぐBをしたわ。黙れおまえ」
しろまんた「ケンカハヤメテヨー」

当時は、明らかにミス。甘えた位置でのリコールしてデッドした鈴木ノリアキが、
逆切れしたシーンとして拡散されました。

その後、LoLはチーム内で頻繁に喧嘩が起きるゲームのため、汎用性の高い「ケンカハヤメテヨ」が拡散されて、ミームとして残りました。

問題のシーンのTwitch クリップ

この「増アカ学級崩壊」と名付けられたクリップが、広く拡散されました。

その時のメンバー

コーチ:しゃるる
TOP:歌衣メイカ
JG:鈴木ノリアキ
MID:AlphaAzur
ADC:しろまんた
SUP:葛葉

4/1の the k4senは、コーチにフォーカスを当てたストリーマー大会でした。JapaneseKoreanUG、RainBrain、しゃるる、らいじん。この4人のうちだれが一番コーチングが上手いのか。またこういう形の大会も見てみたいですね。

 

 

 

 

関連記事
 ・LOL用語一覧