基本からしっかりLOL攻略

League of Legendsの解説ブログ。ステップアップ、脱初心者を応援します。

【LOL用語解説】インティング(インティングサイオン、inting Sion)って何?

LOLで良く使われる「インティングサイオン」の意味

インティングは「inting」と書きますが、

日常生活では使われないLOL専用の言葉です。

intingは、「INTentional feedING」の略で、

直訳すると「意図的なフィード(餌付け)」と言う意味です。

具体的には、わざと死ぬ戦術です。

迷惑行為ではなく、ちゃんと勝利を目指した戦略の元に行います。

 

インティングサイオンのやり方

パッチによって流行り・廃りがあり、やり方も変わります。

基本的には テレポートを持ったサイオン(Sion)で行います。

試合開始直後に敵ジャングルを狩ったり、

無謀なタワー下までのレーンプッシュを行います。

当然、デッドするのですが、

サイオンのパッシブスキル「名誉ある死(Glory in Death)」でデス後も行動できるので、

他のチャンピオンではできない様な、

ジャングルクリープ狩りや、死んだ後の CS でゴールド・経験値獲得や、タワーゴールド獲得を狙います。

デス後すぐにアイテムを購入し、テレポートでレーン復帰。

対面にビルド有利を使って、スノーボールする戦術です。